内藤斐奈「よく満足できるねって言われます」

スカパーで放映しているアダルトチャンネル「パラダイステレビ」の女子アナになったばかりという内藤斐奈ちゃん。番組「東京女子アナ商会」(毎週金曜午後9時~9時55分)で活躍中だ。一方、AVでは痴女役が多いという。スーツをまとったボディからムラムラしたエロスを漂わせてインタビューに応じてくれた斐奈ちゃんであった。

内藤斐奈――パラダイステレビに出演中ですね。
女子アナ役なんですけど、反抗するキャラというか、部長さんの人と戦ってくださいみたいなそういう感じの役ですね。でも、ちゃんとニュースも読むんですよ。それで、とりあえずエッチはないですね。ちょっとオッパイ出すくらいじゃないですか。でも、ノーパンでやっていますよ。ノーパンでやっているけど毛は見せられないので映せないんです。

――AVのデビューはいつですか?
ちょうど1年前くらいですね。これまでに30~40本くらい作品に出ました。プレステージさんの作品で「エロ一発妻」とか「ヤラレタガリ屋」というのがあるのですけど、パケ写(パッケージ写真)を撮るだけで5時間もかけたり、とても濃いエロをやったので結構気に入っています。「エロ一発妻」は、投稿してきた内容を主婦役になってエッチする作品なんですけど、自分が結婚してないので、不倫とかこんな感じなのかなぁって思いました。不倫もセフレもしたことないですよ。二股とか三股にも興味がなくて。だから、こんな感じなのかなぁって、罪悪感とかないのかなぁっていろいろ考えてしまった。
内藤斐奈
――恋愛には真面目なんですね。
エッチは一人の人とがっつりやればいいじゃんって思うんですけど、今風に言うと古いらしくて、「よく満足できるね」って言われます。満足できる、できないは努力次第だと思うし、何を根拠にいっぱいやりまくるんだろう。正直、好きな相手が妻子持ちだったら100年の恋も冷めますね。「恋愛に対してはくそまじめだね」ってよく言われます。

――作品ではどんな感じですか?
作品的には痴女ものが多いですね。結構、いじめる役が多い。男の人や女の人をいじめる。いじめ役のリーダー格みたいな。そういう役が多いので悪役キャラが似合っているのかなぁって思っています。かわいいってチヤホヤされている女の子を同級生の男の子にお金渡して「回せよ」みたいな(笑)。だけど、実際は私がいじめられっ子だったから、逆にいじめる感覚も、いじめられている方の気持ちもわかれますね。プライベートのエッチはMですよ。仕事が責め系だから、プライベートは責められたい。やさしくやられたいですね。(笑)


【内藤斐奈のコンテンツ】